わびさびを味わう渓流釣り

男の憧れ…川魚を串刺しにして、塩焼きでいただく。渓流釣りで、ヤマメやイワナを狙ってみませんか? 難易度の高い釣りではありますが、釣れたときの喜びもひとしお! 季節によって異なる渓流の表情も味わいましょう。

ヤマメやアユをターゲットとする渓流釣りに憧れている人も少なくないでしょう。釣った魚をその場で串刺しにしてたき火であぶり、塩焼きで食べる…男のロマンとも言えるかもしれません。しかし、渓流釣りはかなり難易度が高い遊びです。海や池ならいくらでも釣果を出せるという人でも、川では1匹も釣れないことも多いそうです。しかし、渓流ならではの雰囲気が味わえるのもこの釣りの魅力! チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

管理釣り場を利用して

カップルや親子連れなど、釣果が最優先される状況ならば、管理釣り場を利用するのも1つの手と言えます。お金を払って道具を借りれば、閉鎖された流れの中に職員の人たちが次々と魚を放流してくれます。イクラやブドウ虫を針に付ければ、面白いほど食いついてくれますよ。玄人には多少味気ない遊びではありますが…。

季節によって攻め方が変わる!?

さて、本格的な渓流釣りを志向する方に、攻略法についてご紹介していきましょう。川の魚は、非常に難しいターゲットです。姿を見つけるのは簡単ですが、エサを食わせるにはかなり苦労します。理由は、彼らが季節によって食べる獲物が異なってくるからです。たとえば春から初夏にかけては、渓流の魚たちが食べるのは主に蚊やカゲロウなどの羽虫です。つまり、有名な「フライフィッシング」で狙える時期になります。手と竿使いでラインを飛ばして、魚の反応を待つ釣りになります。ヤマメやイワナの他、場合によっては大型のニジマスが釣れることもあります。調理の素材としても、素晴らしい魚です。

しかし秋から冬にかけては、渓流釣りはかなり難しくなります。捕食する対象が、春と夏からはまったく変わってしまうからです。スプーンと呼ばれる疑似餌で狙えることは狙えますが、このあたりは時の運です。玄人でも、1日釣果が得られない可能性もあります。

ムードも味わえるのが魅力

渓流釣りは確かに難易度が高い釣りです。しかし、何も釣果にばかりこだわる必要もないでしょう。木立に囲まれた渓流は、春・夏は新緑の匂いが満ち、秋には紅葉で美しく彩られます。冬の、寂しい渓流にも、日本らしい「わびさび」を感じることができます。渓流釣りをする際には、あまり結果に執着しすぎないことも大切かもしれません。スローにフィッシングを楽しみたい人には、もっともおすすめできる釣りと言えます。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.