ハードなトラウトを制せ

トラウト(鮭の仲間)を釣るのは、簡単ではありません。本当にきれいな清流にしか棲み着いていない上、警戒心が高い魚でもあります。しかし、釣りというのは難易度が高ければ高いほど、面白くなる遊びです。滅多に釣れないトラウトを獲ったときには、無上の喜びを感じられるでしょう。調理してもおいしくいただける、最高のターゲットです。

まずはロケーションを

当たり前のことですが、ターゲットがいない場所で黙々とキャストを続けても、結果につながるわけもありません。トラウトがいる場所を、まずはネットで調べみましょう。一般的に、トラウトは本州では釣るのが難しい魚です。本気で狙うならば、北海道の湖や川で竿を出す必要があります。そして、現地の釣り師でもなかなか釣り上げられない魚です。

どうでしょうか? 「難しい」と言われるほど、釣り師の心が燃えてきませんか?

どうやって釣るの? トラウト

トラウトは、管理釣り場ではイクラ・ミミズ・ブドウ虫などを使って釣ります。白米を1粒つけると釣れることもあるようです。しかし、天然のターゲットはそうも行きません。

北海道の川・湖でトラウトを狙うならば、専用のルアーを用意しましょう。中でも効果的なのが、スプーンと呼ばれるルアーです。昔ある釣り人が船の上で昼食を取ろうとしていたときに、誤ってスプーンを落とすと、そのスプーン目がけてトラウトが襲い掛かってきた…というまことしやかな伝説から作られた、スプーンを模して造られたルアーです。羽虫を食べる魚でもあるので、羽のような色とりどりの毛がついた品もたくさんあります。

美しくて、おいしい

トラウトの魅力は、何と言ってもその美しさでしょう。ブラウン、レインボーなどいくつかの種類がありますが、共通してシュッとしたスリムな体型をしており、優美な斑点を持ちます。もっとも人気が高いのは、何と言ってもニジマス(レインボー)! 釣れたときには、思わず誰もが、「はあ…」とうっとりと溜め息をついてしまうことでしょう。

なかなか一筋縄ではいかないトラウト釣り、あなたもチャレンジしてみませんか? 北海道の観光がてら、釣り竿を持参すれば、素晴らしい思い出ができるかもしれません。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.