カップルで楽しめる堤防の「サビキ釣り」

堤防にて行う「サビキ釣り」はカップルや家族でも気軽に楽しめるとてもライトな釣りです。初心者でも「釣れない」ということはほとんどなく、数十から、うまくすれば百以上釣ることができる愉快な釣り方です。
釣れるまでの過程が楽しい、と熟練者は言いますが……しかし、やはり釣れない釣りはツラいというのが初心者の本音でしょう。それなら、とにかく釣れまくるサビキ釣りでまずは「釣れる」快感を味わってみてはどうでしょうか?

そもそもサビキ釣りとは

サビキ釣りはカゴと疑似餌のついた仕掛けを用意し、カゴのなかに撒き餌を入れて魚をおびき寄せ、疑似餌に食いつかせて釣りあげる釣法です。「サビキ」とは魚を誘うために「竿をさびく(上下に動かす)」ことからきたネーミングです。
サビキ釣りはとにかく釣りやすいだけでなく、道具がお手軽なのもメリット。お金がかかりがちな竿やリールも3千円程度の安物でOK。そこに仕掛けやエサなどをあわせても5千円になるかならないか、といったところです。 釣りあげるための技術はほとんど必要ありません。まったく釣れないボウズ状態にもほぼならず、釣りあげる快感を味わってみるのには最適な釣りと言えるでしょう。

サビキ釣りに使用する仕掛けについて

サビキ釣りで使用するのは「魚を食いつかせる疑似餌」と「エサを入れたカゴ」という2種類の仕掛け。さまざまな種類の仕掛けが用意されていますが、基本的な構造は同じです。
なかでも針が3本から8本あり、仕掛けの一番下にカゴのあるものが一番使われています。
カゴに入れるエサは「アミエビ」。これは魚の大好物ですので、投げ入れるやいなやすさまじい勢いで魚が群がってきます。その様子もなかなかの見ものですよ。
初心者が仕掛けを買う場合、針、糸、カゴのすべてが含まれている初心者用セットが良いでしょう。針のサイズも色々用意されていますが、小魚のかかりやすい「3番」が初心者向けです。 釣りの途中で仕掛けがダメになってしまうケースもありますので、1回の釣りで3セットほど用意しておきましょう。

未経験者を誘うならサビキ釣り

サビキ釣りはとにかく初心者に向いている釣りです。用意する道具も少ないうえに安価で、しかも釣りあげるまでのハードルは低め。大量に釣れまくる快感はたまりません。
そういった性質から、経験者が初心者を誘うのにも適しています。「釣りに興味はあるけどよくわからない」という女性を釣りの世界にいざなうのもサビキ釣りが最適でしょう。
サビキ釣りの流れをやさしく教えてあげれば、きっとあなたへの好感度もグッとあがります。細かく教えなくても簡単に釣れますので、口出ししすぎずに楽しんでもらうぐらいの態度が良いでしょう。

宿をとっておいて泊まりで釣りを楽しむのもオススメ。時間を気にしなくても良いですし、カップルで宿泊したのなら釣りであがったテンションをそのままベッドにぶつけられるかもしれません。日中にやさしくリードして、格好いいところを見せられたならなおさらです。
ただし、いくら簡単でも釣りは意外と体力を使うもの。もしも自分の精力や勃起に不安があるのなら、病院に相談してバイアグラなどを処方しておいてもらうと安心です。