野アユは友釣りで獲る!

川釣りのターゲットの中で、もっとも人気が高い魚の1つ、アユ。ややブラウンの入った美しいボディが、見るものに自然の芸術を感じさせます。食味も抜群で、塩焼きにして食べれば思わず笑みがこぼれるでしょう。一体、アユはどうやって釣るのでしょうか?

まずは清流を見つけよ

トラウトなどの魚と同じく、アユはきれいな清流の中でしか生きていけない魚です。従ってグッズを揃えるよりも先に、清流を見つけるのが肝心。ブラックバスやブルーギルが繁殖しているような薄汚い水質の川で糸を垂らしても、アユが釣れることはありません。

管理釣り場ならば、放流されたアユを簡単に釣りあげることもできます。釣り初心者でボウズを逃れたい方は、養殖アユを狙うと良いでしょう。所定のお金を払えば持ち帰りもさせてくれる他、場所によっては現地でプロの料理人が調理をしてくれることもあります。

釣り方はどうする?

アユは基本的に岩に生えた苔などを食べる魚なので、エサ釣りには適しません。ごくまれにブドウ虫やイクラに反応してきますが、あくまでメインはヤマメなどの外道。アユだけを狙うならば、エサ釣りにはあまり期待せず、「友釣り」に挑戦した方が良いでしょう。

野アユは、自分のテリトリーを守るために、外部から侵入してきたアユに体当たりする性質があります。このアユの攻撃性を利用したのが、「友釣り」。オトリのアユの近くに針をかけて、野アユをヒットさせる、という釣法です。オトリのアユは生きているものを使うのがほとんどですが、ある程度テクニックのある方ならば、ルアーを使ってもOK。

オトリは弱らせないために、デリケートに扱う必要があります。特に胸のところを強く持つとアユはすぐに死んでしまうので、優しく、腫れ物を扱うようにタッチしましょう。

野アユが釣れるようになってくれば、あなたも釣りにずいぶんと習熟してきた証です。そろそろ船に乗って遠海に出て、カツオなどの青物を狙ってもいいかも!?

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.