初心者は根魚を狙え!

根魚は実に簡単に釣れるターゲット。スポットに落として反応を待つだけです。バス用のタックルを持って、テトラの隙間に糸を垂らしてみましょう! 煮つけでおいしくいだたける魚たちなので、食卓も豪華に!?

海釣り初心者の方には漁港でのフィッシングをおすすめします。キャスト(投げ釣り)をせずとも、岸壁やテトラポッドの中に仕掛けを落とすだけで反応してくる魚もたくさんいます。カサゴやアイナメといった根魚は、とても美味なことでも有名! 15センチ以上のものが釣れたら、自宅で煮つけなどの料理にもチャレンジしてみましょう。

タックルはどうする!?

根魚を釣るときのタックル(ロッド・リール・仕掛けなどの総称)は、簡易なものでOKです。そこまで大物が掛かる可能性はないので、バス釣り用のものを流用しても構いません。ただし、ルアーは初心者にはNG。生餌を使う方が、圧倒的に釣果も上がります。

エサを選ぶ際には、その場所で魚たちが何を捕食しているかを知ることが大切。しかし面倒なリサーチを省きたいならば、シラサエビを使えばほとんど間違いはありません。ゴカイやマムシなどのワーム類(ミミズ系)に抵抗感がある方も少なくないでしょう。エビならば、誰でも触ることができるはずです。もちろん魚の反応もワーム類に劣りません。

落とし込む場所

まず、根魚を狙うならば、小さな漁港を目指しましょう。船溜まりには、小さな魚がうようよと生息しています。夜になればシーバス(スズキの俗称)が上がってくることもあるのでバリエーション豊かな釣りを楽しめます(釣りが禁止されていないかだけ要確認!)。
もりを付けた仕掛けを落とし込む場所は3つです。まずはそれなりの深さがある堤防沿い。また、メバルが良く生息している漁船の下。それから、何と言ってもテトラポッドです。波で濡れている場合もあるので、足場の状態にはくれぐれも注意しましょう。
テトラの釣りは足場さえ気を付ければ大変面白い釣りです→テトラでの穴釣り方法

浮かせては、沈め…

落とし釣りでは、仕掛けを沈ませた後、少し浮かせては沈め…という手順を繰り返すことになります。魚が食いつくと「くくっ」という振動が手元に伝わってくるので、タイミングを合わせてフッキング(魚の反応に合わせて竿を上にしゃくること)。針が口に掛かればそのまま巻き上げてくるだけ。非常に易しいフィッシングの1つと言えるでしょう。
これまで池や川で釣果が得られなかったという人も、個体数の多い漁港でならチャンスも高まります。今度の土日にでも、バスタックルを持って出かけてみましょう!

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.