基本的なルアーアクションを覚えておこう

>釣りにおける重要なテクニックであるルアーアクション。多くの釣り人たちがたくさんのルアーアクションを開発し、それぞれのアクションは釣り場や狙う魚に合わせて使い分けられています。
ルアーアクションは釣りを面白くする要素の1つですが、同時にとっつきにくく感じてしまう部分でもあります。しかし、基本的なものから覚えていけば、そう難しいものでもありません。

リトリーブ(ただ巻き)は速度で名前が違う

リールを巻くことをリトリーブ(ただ巻き)と呼びます。リトリーブは巻く速度によって名前がかわり、状況によって使い分けられます。
一定の早さを維持しながら巻くことを「ストレートリーブ」と呼び、そこから速度におうじて「デッドスローリトリーブ(超低速)」「スローリトリーブ(低速)」「ミディアムリトリーブ(中速)」「ファストリトリーブ(高速巻き)」と分類。ただし、基本的にはただ一定速度で巻き続けるよりも、速度に変化をもたせたほうが魚の食いつきがよいと言われています。
ただまっすぐ単調に動くルアーよりも、まるで生き物のように変化する動きをしているルアーのほうが興味を引けるのです。

「ストップ&ゴー」はリトリーブから発展したルアーアクションです。これはリトリーブの最中にルアーの動きをわずかに止めることで、「ポーズする」「ポーズを入れる」とも言われます。
一定の速度でリトリーブするストレートリプリーブを一瞬止めることで、ルアーもまたストップし、より好奇心をくすぐるアクションをさせられるのです。また、止まった瞬間をチャンスだと考えた魚が食いつくこともある「食わせ」のテクニックでもあります。

ルアーを小ギザミに動かす「トゥイッチ」

ロッドの先を小ギザミに動かすことで、ルアーに跳ねるような動きをくわえてやるアクションを「トゥイッチ」と呼びます。これによってルアーは変則的に動き、魚の反射的な食いつきを誘引できます。
トゥイッチの際はロッドの先をほんの少しだけ動かしてルアーを引き、それから元の位置に戻します。そこで生まれた糸ふけを巻き取る、というのが一連の流れです。ロッドの操作と巻取りを交互に繰り返すことで「トゥイッチング」と呼ばれる連続トゥイッチも可能。さらに上手い釣り人はトゥイッチングのなかでルアーを動かす早さや移動量に変化をつけることでより生々しい動きをさせるようです。

ルアーを思いっきり動かす「ジャーク」

ロッドを大きく動かし、ルアーを激しく動かすテクニックが「ジャーク」です。ロッドをすばやくしゃくってから、あおった状態から位置を戻し、糸ふけを巻き取ることでジャークは行われます。トゥイッチをより大きく、激しくしたテクニックと見ている人もいるようです。
ジャークもまたトゥイッチング同様、変化や強弱をつけることで多様な動きをさせることができるアクションです。ロッドを大きくしゃくるものを「ロングジャーク」、小さくしゃくるものを「ショートジャーク」、そして1回のジャーク中にハンドルを1回転させるものを「ワンピッチワンジャーク」、2回転以上させるものを「ハイピッチジャーク」と呼びます。
ジャークは自分の足元近くで行うとルアーが飛び出してしまう危険があるため、しっかりと距離を置いたうえで行いましょう。