コイ・ナマズで大物狙い

ブラックバスはもういいや、という人はコイやナマズを狙ってみると良いでしょう。強靭なロッドで「吸い込み」と呼ばれる仕掛けを使えば、比較的簡単に狙える魚です。

外来魚のフィッシングには少し飽きた…という方は、コイ・ナマズをターゲットにした池釣りで気分を変えてみましょう。サイズも一回り大きくなるので、かなりパワフルな引きを味わうことができます。まずは情報を集めて、ターゲットがいる池を絞りましょう。
鯉の釣り方
ナマズ釣りの極意

外道の確率を下げるために

コイ・ナマズ用のエサにも、やはりブラックバスやブルーギルなどの外来魚が食らいついてきます。外道を避けるためには、最初から獲物の数が多いスポットを選別しなければなりません。貯水池でなく、川が流れ込んで池を作っている場所には、一般的にコイ・ナマズが多いとされています。慣れ親しんだバス釣りの池を離れて、探してみましょう。

タフなロッドが必要!

コイ・ナマズはサイズが大きいだけでなく、自重(個体自体の重さ)が豊かな魚です。バス用の細いロッドでは、へし折られてしまう可能性もあります。リールに関してはバス用の品を流用しても問題ありませんが、ロッドはある程度タフなものが必要です。

吸い込みを使って攻略

ワームをはじめとする疑似餌に反応するコイ・ナマズも少なくありません。しかし、よりヒット率を上げたいならば、「吸い込み」と呼ばれる仕掛けを用いた方がベター。

「吸い込み」とは、数本の分かれた針に、大きな団子状の練り餌を付ける仕掛けを指します。これを水の中に落とし込んで待っていると、ターゲットからの反応があるはずです。

引きで見分ける外来魚との違い

コイやナマズは、比較的大人しい魚です。エサを食った時には、「ぐっ」と竿が重くなるような感覚が伝わってきます。しかし、ブラックバスは非常に獰猛。エサに食らいつくや体を暴れさせるので、「ぐぐぐぐっ」という連続した振動を感じます。練り餌に対してあまりにバスの反応が多ければ、釣り位置を変えるなどの工夫をしてみた方がいいでしょう。

ややグロテスクな外見をしているのがコイ・ナマズの難点ですが、釣れたときの喜びは大きなものです。本当にごくまれなことではありますが、ソウギョという淡水に生息する魚の中で最大級(1メートルを超す場合もあり)のものがヒットする可能性もあります。体を持って行かれないようにくれぐれも注意してください。また、池で獲れるコイやナマズは、体に無数の寄生虫を宿しています。生での食用には向かないので、きちんと火を通して調理するか、リリースしてあげましょう。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.