本当の釣り素人のための基本グッズ紹介

どんな趣味を始めるときにも、その業界の専門用語をよく知らなければ、楽しみは半減してしまいます。釣りの基礎的なグッズの名称を、いくつか紹介してきましょう。生まれてこの方、本当に一度も釣りをしたことがない…と言う方は、ぜひご一読ください。

これがなければ釣りにならないグッズ

○竿(ロッド)
仕掛けを投げるために使う棒状の道具を、竿、あるいはロッドと呼びます。強度と柔軟性が重要で、各メーカーで素材・品質もかなり異なります。カーボン製のロッドが基本的ですが、長さや太さは、狙う魚によって異なります。何を釣るかに合わせてロッドも適したものを選びたいところですが、そうするとかなりの出費になってしまいます。

初心者の方は、汎用性の高いバス用のルアーロッドが1本あればそれで充分でしょう。池釣りはもちろん、川でのエサ釣り、そして海での根魚やセイゴ釣りなどにも使えます。

○リール
ロッドに装着して、スプール(糸巻き)からラインを出したり、巻き取ったりするための道具です。大きく分けてスピニングリールとベイトリールと呼ばれる種類があります。初心者にはスピニングリールが無難です。ベイトリールには電動で糸を操作できるものもあります。品によって飛距離がかなり違うので、最低でも3000円以上のものを選びたいところ。

○おもり(シンカー)
仕掛けを水中に沈めるためには、鉛製のおもりが必要です。適度な重さを持ったものの方がよく飛びますが、浅瀬などで細やかな操作を行うときには、あえて小さなおもりを付けます。バス釣りのためのおもりは、シンカーと呼ばれることもあります。沈むルアーには自重があるので、別のおもりを付ける必要はありません。

○フック(針)
エサやルアーを魚の口に引っかけるためには、フックが必要不可欠です。「し」の字型のものが一般的でしょう。ターゲットの口のサイズに合わせて、大きさを変化させます。

○ルアー
釣りに使うのは、生きたエサだけではありません。ルアーと呼ばれる疑似餌を使って狙えるターゲットもいます。一般的にはブラックバスや、ブリ・ヒラマサ・シーバスなどを釣るときに使いますが、他の魚種に合わせたルアーもいろいろと開発されています。

とりあえずに紹介した道具さえ揃えてしまえば、誰でも明日から釣りを始めることができます。すべて中級品で良いならば、1万円程度で揃うでしょう。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.