ギル釣りだって一味ある

あえてブラックバスを避けて、ブルーギルを狙う釣りというのも、なかなかマニアックな楽しみがあります。50センチのバスを獲った! という人は、今度は20センチのブルーギルを狙ってみましょう。意外な難易度に、楽しいながらも苦戦を強いられるかもしれません。

ブルーギルって何?

バス釣りを嗜む方ならば、憎き外道としてご存じでしょう。ブルーギルは、ブラックバスと共に日本で分布域を広げた、北アメリカ産の淡水魚です。丸っこくて、扁平な体が特徴的です。エラ蓋の上に突出した皮弁があり、そこが紺色になっているため、ブルーギルと呼ばれるようになりました。日本では「ギル」という愛称で親しまれていますが、実はこのギルとは「エラ」という意味です。外国人に「ギル」と言うと、変な顔をされるかも…。

最大25センチまで成長する上、かなり活きが良い魚なので、スリリングな駆け引きを楽しめます。バスのように口は大きくありませんが、ルアーやワームにも積極的に食らいついてきます。バスの捕食対象なので、釣ったギルをエサにしてバスを狙う方法もあります。

見えギルを狙う

古来、「見えている魚は釣れない」と言われていますが、ギルはその例外の1つ。非常に好奇心が旺盛な魚なので、人間の気配にも怯えず、ガンガンと食いついてきます。浅瀬に溜まっているギルの中に、パンくずを付けた針を垂らしてみましょう。あまりに簡単に釣れて白ける…という方は、15センチ以上の良型を狙ってルアーを投げてみてください。

ルアーで中~大サイズを狙う

数は多くありませんが、ギル用のルアーも市販されています。バスのものと比べて小さいのが特徴です。ギルが好む小さなエビや魚を模したワームもあります。魚が大量に潜んでいる障害物の近くに投げて、誘い出してみましょう。外道でバスが釣れることも多く、なかなかギルだけを選んで釣るのは簡単ではありません。しかし、これがギル釣りの面白いところです。普段は嬉しいバスの釣果が、ちょっと鬱陶しく思えてくるかもしれません。

ブルーギルは、個体によってかなり体の色が異なります。鮮やかな発色のギルもいれば、泥色のギルもいます。友達と釣りに行くならば、サイズだけでなく、色の良さで競ってもいいかもしれません。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.