釣り方の種類~その1~

初心者でもとっつきやすいサビキ釣りを始め、エギングやルアーフィッシングなど釣り方にもたくさんの種類があるのが釣りの楽しいところでもあり、ややこしいところでもあります。初心者のうちはサビキ釣りで十分楽しめますが、上達してくるとほかの釣り方にもチャレンジしたくなるもの。ですがいまいちピンときていない人も多いはずでしょう。

今さら聞けない、釣り方の種類

・投げ釣り
シンプルな仕掛けで、とにかく竿を勢いよく投げるのがコツなのが投げ釣り。仕掛けがとてもシンプルなので、とにかく1本につないでいけば完成します。あまり釣りに詳しくない、手先が不器用な人でも簡単に作れるので初心者はもちろん、上級者にも愛されている釣り方。キスやカレイ、ハゼなど海釣り向きの釣り方で、勢いよく竿を振り、遠くにキャストできればOKです。

しかし竿を勢いよくふらなければならないため、人の多い場所には不向き。竿を振った勢いで釣り針が誰かを傷つけてしまう可能性があります。釣り人で混みあうような堤防や釣り堀など、狭い場所では使わないようにしましょう。

・サビキ釣り
エサをつける必要がないうえ、一度のアタリで多くの釣果が見込める釣り方。ここ最近、初心者によくすすめられている釣り方です。サビキ釣りの大きな特徴は、釣り糸の先端についたオモリ付きのアミカゴと、葉脈のようにのびているサビキ仕掛け。まずはカゴのなかにあるアミエサで魚をおびきよせ、葉脈のように伸びた釣り糸の先端についているエサに似せた釣り針に食いつかせる、という釣り方。

仕掛けは本当にシンプルで、投げなければウキをつける必要もなく、サルカンで仕掛けと釣り糸を繋げるだけでOKです。基本のサビキ釣りなら投げることもないのでとくにコレといった技術も必要なく、誰でも楽しく釣りができます。さらにエサを直接触らずにすむので生餌が苦手、という人にも向いているでしょう。サビキ釣りで狙えるのはアジやイワシ、サバなど。ターゲットの大きさによって仕掛けの大きさを変えれば、マメアジサイズから立派なサイズまで狙えるのも魅力です。

・エギング
エギングとは餌木(えぎ)と呼ばれるエビによく似た疑似餌を使い、イカだけをターゲットにした釣り方です。イカを釣るためだけ、というかなり限定的な釣り方ではありますので仕掛けもとってもシンプル。オモリもなく、釣り糸の先にスナップで餌木をつけるだけ。それを狙ったポイントに投げ込み、エビのように動かしてアタリを待ちます。

仕掛けがシンプルなだけあり、いかに生きたエビのように動かせるか釣り人の技術が試される釣り方。初心者にはなかなか難しいものがあるでしょう。

・ルアーフィッシング
ルアーと呼ばれる、魚のエサに似せた疑似餌をつけて釣る釣り方です。ルアーの種類は様々で、芋虫のようなかたちをしたものから小魚のようなかたちのものなど。ターゲットによって芋虫タイプや小魚タイプか、使い分けるのが一般的です。

また生餌を使った釣り方よりも経済的で、虫嫌いでもOK、大物が狙いやすいというメリットがあります。ルアーは一度買えば繰り返し使えます。確かにこだわると値が張るものもありますが、ピンキリなので安めのものを買えば生餌よりも節約できるでしょう。とくに大物を狙う場合、エサとなるのは小魚になるため結構な出費に。釣れなくてもエサをとられていれば付け直さなければならない手間もあるのでルアーなら時間もお金も節約できます。しかしルアーフィッシングは、生餌を使うよりも釣れないことの方が多いです。もちろんルアーそのものの性能にも大きく左右されますが、総合的に見ると圧倒的に生餌を使う方が釣れます。初心者でとにかく釣れることを重視したいなら、ルアーはおすすめできません。

・フライフィッシング
ルアーフィッシングとほぼ同じで、フライと呼ばれる鳥の羽や糸などを使って虫に似せた疑似餌を使って釣る方法です。もともとはトラウト、つまりマス類をターゲットに作られた疑似餌なのですが最近は技術が進歩し、海釣りにおけるシーバスやカジキなども釣れるようになりつつあるのだとか。

フライフィッシングがルアーフィッシングと大きく違うのは、特殊なキャスティング。渓流という流れのある環境のなか、狙ったポイントに寸分の狂いなく軽いフライを落とさなくてはいけないため、ある程度の技術が必要です。またキャスティングも投げ釣りなど、ほかの釣り方とは違った方法のため釣れる、釣れない以前にキャスティングをマスターすることから始めなければなりません。釣りを始めたばかりの初心者には不向きの釣り方でしょう。

ただ釣果だけにとらわれず、いかに難しい場所にフライを落とすかなど千差万別の楽しみ方ができる釣り方でもあります。ただ釣ることに少し飽きてきたという人は、初めて見るのもいいかもしれません。

渓流釣りや海釣りといった、フィールドごとの釣り方ではなくどんな仕掛けを使うかによっても種類が分けられる釣り。しかもそれぞれの釣り方のなかには、ターゲットとなる肴に応じて微妙にオモリやウキを変える、という技術も求められます。そう聞くとなんだかややこしく、まず知識として頭に入れるだけでうんざりしそうですがシンプルなままでも釣れてしまうのが釣りのおもしろいところ。色々な釣り方に挑戦してみてください。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.