初心者向け!覚えておきたい釣り用語集

釣りには独特の言葉というものが多々あります。慣れてしまうとまったくそんなことはないのですが、初心者の頃は釣り人たちの会話が、まるで外国語に聞こえてしまうことも。そこで今回は、釣りで良く使われる用語について少しだけご紹介します。

アサマズメ

夜が明け、だんだんと明るくなってきた時間から日の出までの時間のことです。魚が特に元気にエサに食いつく時間なので、釣りにとっては一番ホットなタイミングです。

アタリ

魚がルアーやエサに食いついたときの感覚のことです。

青物

アジやサバといった、背中の青い回遊魚たちのことを言います。

入れ食い

とにかく仕掛けを投げれば投げるただけ魚が釣れる状態です。沖釣りなどで味わうことができるかも?

エギング

イカを釣る方法の一種。基本はルアーフィッシングの釣り具を使い、ルアーだけを餌木に変えた釣り法です。語源はこの餌木がegiであるため、それが進行形になったのだとか。

大湖

干潮と満潮の潮位の差が一番大きい湖まわりのことで、満月や新月が近いと起こります。魚たちが元気の泳ぎ回り、釣果も良いことが多いです。

かけあがり

湖底や海底の深場から浅場に向かっているなだらかな斜面のことで、エサになる小魚などが多く魚が集まりやすい良ポイントです。

キャスト

仕掛けを投げること自体を指す言葉です。ちなみに投げ釣りや投げる手法のことを「キャスティング」とも言います。

時合

魚の「お食事タイム」とでも言うべき時間。食いが活発なので、釣れやすくなります。

たな

魚がエサを摂ったり遊泳したりしている層のことで、釣果はこれをしっかり読めるかでかなり変わってきます。ちなみに、水面は「トップ・ウォーター」、水面下の浅いところは「シャロー」、水中の中間層部分は「ミドル」、底に近いところをディープ、そして水底のことはボトムと言うので合わせて覚えておきましょう。

タモ

魚の取り込みに使う網のことです。多くの物は持ち運びがしやすいように柄と枠の取り外しが可能になっています。また、枠はさらに折りたたみができる場合も。タモに魚を入れるときは頭から入るようにしないと、うまく魚が入ってくれないのでご注意。

根魚

海底のストラクチャー周りで釣れる魚。そのため根掛かりが多くなる傾向にある。白身で味の良いものが多い。

ナブラ

海面近くにいる魚の群れのことで、大きな魚たちに小魚が追い込まれ集まり、海面が盛り上がってざわついている状態を「ナブラが立つ」と言います。

まきえ

魚を近くにおびき寄せるために使われるエサのことで、コマセとも呼ばれます。また、おびき寄せるだけではなく、寄ってきた魚をその場所に留めておくためにも使われます。

若潮

いったん落ち着いた潮の動きが、再び大きくなることを「潮が若返る」と言います。そのため、長潮の翌日のことを「若潮」と呼びます。ちなみに潮にはこの他にも、大潮、中潮、小潮、長潮といったものがあります。

実際には、釣り用語というのはまだまだありますので、上記を覚えただけではまだまだかも知れません。ですが、多くの初心者は経験でこうした用語を自然に覚えていくものです。言葉の前後から意味を想像したり

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.