実は簡単!?ウナギを釣ってみよう

ウナギといえば今や高級魚。ウナギ屋で食べると、1人前3,000円はくだらない高級品です。年々値上がりをしているうえ、最近では絶滅危惧種に指定され、もはやこの先食べられるかどうかすら危うい存在に。ウナギが大好きだけど、めったに食べられなくなったとお嘆きの人も多いことでしょう。

そんな人は思い切って釣りに出かけてみてはいかがでしょうか。確かに絶滅危惧種に指定され、数は減っていますがまだいるにはいます。釣れればラッキー、ぐらいの気持ちで試してみるのもいいかもしれません。

ウナギはいったい、どこで釣れるの?

ウナギを釣るなら、川や河口付近がねらい目です。海にも生息していますが、広すぎるので比較的ウナギがいそうな河口域辺りがおすすめ。太平洋側のテナガエビやハゼが釣れる川は、期待が持てます。ほかにはある程度の水深があり、つねに濁っていて流れがゆるやか。大ナマズやスズキなどはウナギをエサとしているため、回遊しているのが見られればエサとなっているウナギがいる可能性も大。ただウナギが釣れるポイントは、とても限定的です。絶滅危惧種になっていることもあってほかのウナギ釣り師たちも釣れたポイントを詳細に公開することは少なく、地道に自分で探すほかないのが実情。

そして狙い目な時間帯は、日没直後。ウナギは夜行性で、日没となり目覚めるとすぐにエサを食べ始めます。約2時間ほどエサの時間となるのですが、この時間帯が狙い目。あまり遅いとウナギが満腹となり、エサに食いついてくれなくなってしまうのでその日の日没時間をしっかりチェックしておくようにしましょう。

ウナギ釣りの装備

ウナギ釣り、というと伝統的な漁法である昼間に仕掛けをしずめて、というようなものを想像しがちですが一般きな投げ竿でOK。15号程度のものが使い勝手がいいです。そしてロールは3~5号のラインを100mほど巻ける中型サイズ、オモリは6号~10号程度の中通しがおすすめ。釣り針は市販のハリスとセットになったウナギ針でOK。仕掛けもシンプルで、末端に釣り針をつけ、よりもどしでつないだうえにオモリを通すだけ。日没後の釣りなのでアタリが判断しやすいよう、竿の先端に鈴をつけておくと便利です。

エサは安価で手に入りやすいのが、ゴカイ類。ほかにはカメジャコやスジエビ、ミミズなども使われます。ただカニ類が多い場所ではゴカイ類をエサにすると、ウナギよりも先に食いつかれるうえに住処である穴に持ち込まれて根がかりが起こりにくくなります。またカメジャコやスジエビはアカエイの大好物。こうしたウナギ以外に釣れるものやウナギ釣りを邪魔する魚のことを、外道と呼びます。ウナギ釣りは日没からの短期決戦です。外道に邪魔されているとあっという間に時間が経ってしまうため、いかに外道を避けるかどうかがポイント。ゴカイやミミズを使うならできるだけ太いものにし、カニ類に穴に持ち込まれにくくするなど工夫が必要です。

そして肝心のアタリ方。ウナギを釣る場合、焦らないことが大事。何度も竿先が引っ張られは戻る、というのを繰り返していたら食いついたサイン。焦らずしばらく待ってから軽く竿を引き、ウナギの重みが感じられるようなら釣り上げましょう。アタリ方は先ほどのように何度も竿先が上下する場合もあればグッと一気に引っ張られる、2~3度軽い引きがあり、その後ゆっくりと引っ張られるといったパターンが。少しわかりにくいですが、何度かやっていくうちにパターンがわかってくるでしょう。

ウナギでおいしく精力アップ

ウナギを釣ることができれば、やはり食べるのがいちばん。ウナギにはビタミンAを始め、たんぱく質やビタミンB1、B2、カルシウム、鉄分など豊富な栄養を持っています。しかもEPAやDHAも豊富ですので、脂っこいイメージからは真逆のとてもヘルシーかつ健康的な食材といえます。

またウナギといえば、昔から精力増強に効果的といわれてきましたね。実はこれもまゆつばものではなく、しっかりと栄養学的に根拠のあるもの。勃起不全であるEDの改善には、亜鉛を積極的にとることがいいといわれています。亜鉛といえば牡蠣が代表的ですが、魚介類のなかではウナギは牡蠣について亜鉛含有量が多いのだとか。さらにビタミンAには生殖機能を活性化させる作用があり、ビタミンBには男性器の神経伝達機能を向上する作用があるそうです。ウナギに含まれる栄養素の多くが、EDの改善に期待が持てるものばかり。もちろんウナギを食べたからといってバイアグラのように、即EDが改善するわけではありませんがかなり期待が持てそうですね。

ニホンウナギが絶滅危惧種に認定された2014年以降、年々ウナギの価格は上がり続けています。ウナギがEDに効果的と分かっていても、なかなか手が出ない人も多いことでしょう。とくにバイアグラなど、ED治療薬をすでに使っている人は薬代だけでもそこそこの出費です。バイアグラのジェネリック版が登場し、以前よりも安価で手に入るようになったとはいえやはり高価な薬であることには変わりませんね。そうした人は、ぜひストレス発散や軽い運動もかねてウナギ釣りに出かけてみましょう。ただ場所によっては漁業権の購入が必要なこともありますので、釣りをする場合は必ず確認をしてから始めるようにしましょう。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.