初心者が上達するために必要なこと

初めて釣りをし、何度か経験していくうちに思うのはやはり早く上達したい、ということですよね。全く釣れない自分の横で次々と魚を釣り上げる上級者を見ていると、無性に焦ってしまうもの。ですが身近にアドバイスをくれるような上級者がいない場合、なかなか上達するコツをつかむのは難しいです。

◆上級者が身近にいないなら、インターネットを使おう

身近に直接コーチングしてくれるような上級者がいないなら、インターネットを利用しましょう。最近はYouTubeなどの動画共有サイトで検索すれば、膨大な数の釣りテクニックの動画を見ることができます。そのなかで自分の理想の釣り方と近い人、説明が詳しく実際に釣っている映像もあわせて載せているような投稿者を見つけてイメージトレーニングを重ねましょう。YouTubeで気に入った人がいなかったら、釣り雑誌などから参考にしたい人を見つけ、その人が出しているDVDなどを購入してみるのもいいですね。やはり無料で見ることができるYouTubeと違って販売しているDVDはクオリティが違います。より詳しく、ていねいに解説されていますのでかなり参考になるはずです。

釣りは意外と頭を使うスポーツでもあり、経験だけではどうこうできないテクニックもあります。自分ひとりで延々とキャストを続けるより、DVDの解説を頭に入れたうえでキャストをしてみる方がより効率がいいはずですよ。

◆知識を得たら、いざ実践

DVDや動画などである程度イメージトレーニングができたら、いざ実践です。いくら頭のなかで申し分ない完璧なキャストができたとしても、いざやってみないことには上達しません。それにキャストが完璧になったからといってもバラしてばかりでは意味がないですね。

そのため上達だけを考えるなら釣り堀や管理釣り場など、確実に魚が食いつく釣り場を選ぶのがおすすめ。そこでアタリの感覚やバラしやすいロッドの操り方を、自分なりに確認しながら経験を積みましょう。また釣り堀では思い切りキャストができない、ということなら釣り船に乗るのもアリです。船長が実績のあるポイントまで連れて行ってくれますし、魚群に遭遇することができれば次から次へとアタリがきます。何度バラしたとしても練習するという意味ではかなり効率がいいでしょう。

◆ルアーはとことん使い倒す

アタリの感覚やバラしやすいクセなどはテクニックに左右される部分もあるのですが、意外とルアーなど、道具に左右されることも多いです。そのためルアー釣りをしているなら同じルアーをとことん使い、特徴やクセをきちんと把握することも重要になってきます。実際に釣りをしている方ならわかると思いますが、同じ疑似餌であってもそれぞれ使ってみると感覚はかなりバラバラ。操りやすいものもあればアタリの感覚がわかりにくいものもあります。そのためお気に入りのルアー、使いやすいルアーを見つけたらとにかくそのルアーを極めることに専念しましょう。新商品などついつい使ってみたい衝動に駆られるかもしれませんが、完全にルアーを研究し尽くすまでガマンです。

ルアーの特性をとことんまで把握すれば今水の中でどのような動きをしているかが手に取るように分かりますので、タイミングを合わせることもより簡単になります。ルアーが持っているポテンシャルを全て引き出せるかどうかが、釣りの上達においては重要なカギといえるでしょう。

少し前と違い、インターネットが普及した現代は映像で学習することができるので上達がしやすくなったと言われています。ですがやはり目で見るのと実際に釣ってみるのとでは違いますし、釣り場に立ってみて初めてわかることも多いです。いち早く上達したいと思うなら、とにかく時間を惜しまず釣りに出かけること。急がば回れとも言うように、コツコツと経験を積んでいくことがいちばんの近道なのかもしれませんね。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.