基本的なルアーアクションを覚えておこう

「穴釣り」という釣法があることはご存知でしょうか? ややマイナーであるせいか、知らなかったり、知っていても「難しそう」という誤解を受けてしまっていたりする釣り方です。
しかし、穴釣りは実際のところかなり初心者向け。天候や時間、状況によって釣果が左右される普通の釣り方に比べると、条件を気にせずサクサクと釣れるのが魅力となっています。
ちょっとしたコツはありますが、それさえ把握してしまえばあとは簡単。普通の釣法で釣れない時は、気晴らしに穴釣りをたしなんでみてはどうでしょう。

そもそも穴釣りってどんな釣り方?

穴釣りとは岸にあるテトラポッドや堤防、石畳などのスキマを釣り場所とする釣法。スキマへと糸を垂らしていく姿が、穴に糸を通すように見えることから「穴釣り」と呼ばれるようになりました。
穴釣りで釣れるのは、ソイやカサゴ、メバル、アイナメなどの根魚と呼ばれる魚。彼らは穴を隠れ家とすることで身を守っており、その穴に入ってきたエサを食べることで生活しています。そのため、そこに釣り餌を垂らすとすぐに食いついてくれるのです。
穴釣りとは、テトラポッドなどのスキマを探してはそこにエサを垂らし、根魚の素を見つけ出していく釣りなのです。他の釣法に比べると釣り場所の移動が多い点も特徴と言えるでしょう。
ちなみに根魚のうちカサゴやメバルは高級魚に分類されます。店頭でもやや高めの値段で取引されていますね。持ち帰って食べてもとてもおいしいので、そういった意味でも穴釣りはオススメと言えます。

穴釣りに使う道具について

穴釣りはやや特殊な釣り方ですので、道具もやや特殊なものを採用することになります。
竿は1m程度のごく短いもの。穴にぶつけたり、移動中にぶつけたりとややダメージを受けやすいので、ダメになったら使い捨てるぐらいの気持ちで安物を用意しましょう。
リールは小型のベイトリールでOK。穴釣り専用のリールも販売されていますが、リールとしての役割を果たせれば何を用いても構いません。浅い穴であれば、リールなしでも釣れるぐらいです。
仕掛けは穴釣り専用の「ブラクリ」を使用。重りと針が直結しており、穴に入ると転がって底まで落ちてくれるようになっています。根魚の多くは穴の底をすみかとしているため、底まで落ちやすいブラクリならアピールしやすいのです。
ただしブラクリを用いていても根掛かりをしばしば起こすため、予備として複数個のブラクリを用意しておくのがよいでしょう。

穴釣りのやり方

穴釣りの基本はとにかく魚の巣穴を探すこと。熟練者は穴を見るだけで巣穴かどうかを見極めることができますが、最初は探り探りになるでしょう。
釣り方の手順としては、暗い穴を探し、リールのクラッチを切ってからブラクリを投下。糸がまったく出なくなったら竿を少しだけ上下させつつ、さらに落とせないか探りを入れます。底についたら3秒ほど魚を誘い、それで食いつかなければ引き上げます。次の穴を探しましょう。
釣れやすい穴の特徴は「直射日光が底まで届かない」「上から底が見えない」「穴が入り組んでいて、仕掛けがすんなりと落ちない」といったところ。こういった特徴を持っている穴は根魚の巣になっている可能性が高めです。