釣りデートで女性が場違いな格好をしてきたら…。

せっかくのデートなのですから、女性が釣りにそぐわない格好をしてきてしまっても大らかな気持ちでいてあげましょう。日本においてはまだまだ女性の釣り人口というのは多くありません。最近は山ガールや森ガールなど自然を愛する女の人は増えてきているのは確かです。釣りに興味を持っているけどやったことがない人もいらっしゃいます。楽しみたいけど、どんな格好をしたらいいかわからない、それが女性の本音なのです。

女性の釣り好きはまだまだ少ない

山ガールや森ガールと同じように、最近は釣りガールなんて言葉も出てくるようになりました。ネイチャー志向が高まる現在において、フィッシングに興味を持つ女の人は年々増えてきています。まだやったことはないけど、興味はあるという見込み人口も実はけっこうあります。
とはいえ、まだまだ釣りは男性主体の趣味であり、男女比でいうとだいたい3対1程度と言われています。ですから、基本的には男の方が釣りに詳しくて当たり前だということが言えます。

大らかな男に女は惚れる

デートにおいて女性は男性の気を惹きたいと常に考えています。行ったことはないけど、好きな人が誘ってくれたのならば釣りにもチャレンジしたい、そう思っているのです。それと同時に「少しでもオシャレをして可愛く見られたい」という気持ちも持っています。好きな人のためにファッションを頑張るという女性の姿は何とも可愛らしいものですよね。しかし、時としてその頑張りが微妙な方向に向いてしまうこともないわけではありません。

場違いな格好でも優しく対応を

釣り好きな諸氏からすれば「そんなバカな」と思うかもしれませんが、釣りに行くのにわざわざスカートにヒールという何とも場違いな格好で来てしまう女性は意外といます。「少しでも可愛く見られたい」という女心が成せるものなのですが、さすがに男としては引いてしまいますよね。
しかし、良く考えてみてください。彼女らは釣りを全く知らない人たちであり、何の悪気も無くただ「誘ってくれた男性のため」にオシャレをしているだけなのです。その気持ちを責めることも咎めることもできるわけがありません。
釣りに誘った女性が当日、スカートにヒールなんてとんでもない格好をしてきてしまっても「可愛いね」と笑顔で迎えてあげましょう。そしてせっかくならば、釣り用のウェアやスニーカーを買い与えてあげてください。「可愛い服が汚れちゃうから」と付け加えれば女性も納得してくれますし、あなたの優しさに惚れてくれるはずです。

まだまだ日本において釣り人口は男性上位となっています。初めての釣りデートならばある程度は大らかな気持ちでいてあげるようにしましょう。

Copyright(c) 人生が2倍楽しくなるフィッシングのすべて All Rights Reserved.